みうのプロフィール

聖心女子大学(心理学専攻)卒業。
声楽を永安淑美氏にフルートを三村園子氏に師事。

NHK「フルートとともに」出演。半年間レギュラーを務める。
ヤマハホールに於いて「ヤマハコンチェルトシリーズ第46回」にソリストとして出演。
1999年より始めたソロリサイタルは、多くの聴衆に支持され、2011年の11回までのリサイタルの観客動員数は、2700人を超える。2012年6月29日には、東京オペラシティリサイタルホールにて第12回目の連続リサイタルを行う。2008年より共演している作曲家、編曲家、ピアニストの金井信氏との、軽快なおしゃべりを交えたジャンルを問わないリサイタルは、毎年観客から熱い支持を受けている。

その他、サンモール・インターナショナルスクールにて17年間講師を務め
その間、教えた生徒数は300人を超え、生徒の国籍は、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スイス、オランダ、カナダ、韓国、中国、イスラエル、インド、フィリピンなど多岐に及ぶ。

その他のコンサート実績は、毎年行っている、YMCA、中央区立久松幼稚園、山王病院、
日光市の老人ホーム(ラビットコート)などの他、NPOファミリーハウス、ミュージックヒーリングソサイアティー、ソノールフルートコンサート、すずしろコンサート、トスカニーニオペラアソシエーションなど多数。また、多くの結婚式や葬送でも“ソリスト”を務め、自らの母校の同窓生のための追悼ミサでも10年以上毎年、歌を捧げている。
2012年に自宅に「みうスタジオ」が完成し、定期的にサロンコンサートを行っている。

特に幼児や老人介護施設での活動に力を入れており、

毎年開催している中央区久松幼稚園での童謡を中心としたコンサートでは、150人以上の幼児が総立ちになるほどの盛り上がりで“音楽の素晴らしさ”を子供たちに伝えている。

また“歌うこと、音楽の素晴らしさ”を広めることに自分を捧げ、世界各国を訪れ、現地の
方に請われ歌を歌っている。

歌った場所は、ヴェニスのゴンドラ上、シチリア島タオルミーナのギリシア劇場前、カプリ島の「あおの洞窟」の中、五島列島の教会、ギザの砂漠のラクダの上、クフ王のピラミッドの中、ナイル河の船上、長崎外海のド・ロ・神父の記念館、マチュピチュの聖なる広場、古代遺跡ナスカの井戸他多数。

1975年
聖心女子大学(心理学専攻)入学
1977年 選考オーディションに合格し、NHK「フルートとともに」のレギュラーとなる。聖心女子大学在学中に「ソノールフルートコンサート」などに出演。
1979年 ルーテル市谷センターで、デビューリサイタルを行う。
1980年  ヤマハホールにて、「ヤマハコンチェルトシリーズ第46回」にソリストとして出演。
1988年~
1999年
「ソノールフルートコンサート」「すずしろコンサート」など毎年また「栄光学園オーケストラ」のソリスト、「クリオンのためのコンサート」、NPOファミリーハウスなど、多くのコンサートに出演。
1993年~
2010年
サン・モール・インターナショナルスクールの講師を務める。
1997年 ハンガリーのリスト音楽院にて、ケメネシュ・アンドラーシュ、ソコライ・バラージの室内楽のマスタークラスのレッスンを受講。
日本においても、ケメネシュ・アンドラーシュの室内楽レッスンを受講。
1999年~ 第1回ソロリサイタル開催。みなとみらい小ホール、東京オペラシティリサイタルホールで、連続リサイタル開催。
2008年 作曲家、編曲家、ピアニストの金井信氏と共演。1枚目のCDをリリース。
2010年

トリエステ・ヴェルディ歌劇場で、マエストロ・コラボラトーレを勤め、東京芸術大学大学院などの講師を務めた、ジャンニ・クリスチャックの声楽の個人レッスンを半年間受講。

12月
トスカニーニ・オペラ・アソシエーションのクリスマス オペラ ガラ コンサートに出演。オーケストラと共演。

2012年 第12回ソロリサイタル開催。みうスタジオ完成。2枚目のCDをリリース。

みうリサイタル